みんなの育児用語辞典

大泉門(だいせんもん)

赤ちゃんの頭のてっぺんにある骨のすき間です

 生まれたばかりの赤ちゃんの頭頂部はやわらかくなっています。このやわらかい部分は「大泉門」と呼ばれていて、4枚の頭蓋骨が完全に閉じていないすき間です。大泉門は脳や骨の発達を妨げないためのゆとりで、泣いたり力を入れたりするとふくらむことがあります。頭蓋骨の発達とともに、1才6カ月くらいまでに閉じるので心配ありません。

[大泉門(だいせんもん)] ママの悩みQ&A

4カ月です。頭の大泉門(だいせんもん)のあたりにあかがたまっています。おふろのときに大泉門の部分はやわらかくて怖いので、なでる程度しか洗っていないのですが、しっかりと洗うべきでしょうか?それとも、あかがたまるのはしかたないでしょうか?
このママのように大泉門のところは怖くて触れないママは多…回答を見る
「夜泣きがひどい」「離乳食を食べてくれない」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…回答を見る

大泉門(だいせんもん)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[大泉門(だいせんもん)] 関連用語