みんなの育児用語辞典

ビタミンKシロップ

出生直後にシロップを投与します

 母乳にはほとんどのビタミンが、赤ちゃんに必要なだけ含まれていますが、ビタミンKの含有量はあまり多くありません。ビタミンKは血液凝固因子を合成するときに必要な成分で、ビタミンK欠乏症になると、まれですが、新生児期に消化管出血を起こすことがあります。出血は吐血や下血(肛門からの出血)、血便となって現れ、こうした症状を「新生児メレナ」といいます。また、重症例では頭蓋内出血を起こして死亡したり、障害が残ったりすることがあります。
 ビタミンK不足を解消するために、出生直後と産院退院時、生後1カ月時にビタミンKのシロップを投与します。産院によっては、注射で投与することもあります。

[ビタミンKシロップ] ママの悩みQ&A

「夜泣きがひどい」「離乳食を食べてくれない」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…回答を見る

ビタミンKシロップについて先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[ビタミンKシロップ] 関連用語