みんなの病気用語辞典

心筋炎

こんな病気

 さまざまなウイルスの感染により、心筋という心臓の筋肉が炎症を起こす病気です。病気が急激に進行すると死亡することもあります。発熱やせき、下痢、嘔吐(おうと)などの風邪症候群(かぜしょうこうぐん)や急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん)の症状が現れたあと、数日から1週間くらいの間に動悸(どうき)や哺乳不良、多呼吸などの呼吸症状が加わり、元気がなくなります。重症になると全身の循環が悪くなり、意識障害やショック状態になることも。不整脈(ふせいみゃく)が出ることもあります。反対にほとんど症状が現れず、自然に治ってしまうこともあります。一度心筋炎にかかると、心筋障害などの後遺症が残る可能性があります。

治療&ケア

 強心薬(きょうしんやく)や利尿薬(りにょうやく)、血管拡張薬(けっかんかくちょうやく)などさまざまな集中治療をすぐに行います。呼びかけても反応がないなどの意識障害が現れたら、救急車を呼びます。

[心筋炎] ママの悩みQ&A

心筋炎について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[心筋炎] 関連用語