みんなの病気用語辞典

解熱鎮痛薬(げねつちんつうやく)の使い方

安易に薬で熱を下げるのはNGです

 発熱は体の防衛反応の一つ。発熱することで体がウイルスや細菌と闘って病気を治そうとします。熱を下げてしまえばいいと安易に解熱鎮痛薬を使うことは、病気を治すことにはなりません。熱性けいれんなどで医師から解熱鎮痛薬の投与が指示されていなければ、まずは冷却シートや氷枕を頭やわきのしたや太もものつけ根など大きな動脈が走っている部位にあてて冷やすことで対処します。保冷バッグに砕いた氷を入れてタオルで包んだものなどで代用してもいいでしょう。子どもが寒気を訴えたとき、毛布でくるんだりすると発熱を助長するため、発熱時は薄着にしましょう。高熱でぐったりしているときは、応急処置として解熱鎮痛薬を使うこともやむを得ませんが、基本的には医師の指示に従いましょう。解熱鎮痛薬を使う目安としては、体温が38.5度以上のときですが、効果は数時間です。原因によっては解熱鎮痛薬が効かない場合もあります。

[解熱鎮痛薬(げねつちんつうやく)の使い方] ママの悩みQ&A

解熱鎮痛薬(げねつちんつうやく)の使い方について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[解熱鎮痛薬(げねつちんつうやく)の使い方] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド