みんなの病気用語辞典

目のチェック

目のチェック

 家庭でできる目のチェックです。おかしいと感じたら眼科を受診しましょう。また、3才児健診の視機能検査はきちんと受けましょう。

フラッシュをたいて、赤ちゃんの顔を定期的に撮影する

 写真には、フラッシュの光の反射点が写るため、斜視などをチェックできます。簡単な方法ですが、有効です。気になることがある場合は、低月齢のころからの写真を持って眼科を受診するといいでしょう。

幼児の目のチェックポイント

 以下のような症状は視力障害、屈折異常、斜視などが原因になっていることもあるので、眼科を受診しましょう。
○上目づかいで見る
○あごを上げて見る
○片目をつぶって見る
○横目で見る
○目を細くして見る
○顔を傾けて見る

日常生活での注意事項

眼帯はしない

 赤ちゃんや幼児は丸一日以上眼帯をすると、視力発達に影響するといわれています。眼の保護については、眼科医に相談しましょう。

目のけが

 目にゴミや異物が入ったときは、手でこすらないようにして、水で洗い流します。ものが刺さったり、出血したときはすぐに眼科医を受診します。

[目のチェック] ママの悩みQ&A

目のチェックについて先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[目のチェック] 関連用語