みんなの病気用語辞典

屈折異常(くっせついじょう)

こんな病気

 目に入ってくる光線は角膜と水晶体で屈折し、眼球の奥にある網膜にスクリーンのように像を結びます。網膜の手前にピントがくる状態が「近視」(遠くのものが見えにくい)、網膜より奥のほうにピントがくるのが「遠視」(近くのものが見えにくい)、ピントが一点に合わないのが「乱視」(ものがぶれて見える)です。
 乳幼児期は眼球が小さいため、像が網膜の外側で結ばれやすく、ほとんどの子が遠視となります。生理的な遠視は小学校入学ごろには自然と正視になりますが、中等度以上の遠視や病的な近視はものがはっきり見えないため、矯正しないと弱視に。左右の視力が極端に違う不同視も放っておくと弱視になります。これらの場合は必ず治療してください。

治療&ケア

 普段から子どもがものを見る様子をチェックし、様子がおかしいと感じたときはすぐに眼科を受診しましょう。屈折異常が斜視や弱視の原因となっているときには眼鏡やコンタクトレンズで矯正します。眼鏡は乳幼児期からかけられ、コンタクトレンズは新生児から使うこともできます。子どもの目に詳しい眼科医に相談しましょう。

[屈折異常(くっせついじょう)] ママの悩みQ&A

屈折異常(くっせついじょう)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[屈折異常(くっせついじょう)] 関連用語