みんなの病気用語辞典

弱視(じゃくし)

こんな病気

  矯正しても視力が出ない状態です。視力が発達する0~6才の間に、目の病気やけがによってものを見ることができず、器質的な異常がないのに視力が出ない状態は「機能的弱視」、目に器質的な異常があり、治療をしても視力回復を望めない状態は「器質的弱視」です。 どちらも早期発見・早期治療が重要なので、上目づかいで見る、横目で見る、目を細くして見る、顔を傾けて見るなど、ものの見方がおかしいと感じたときはすぐに受診してください。

治療&ケア

  1日数時間、アイパッチで見えるほうの目を遮蔽して、見えにくい目を使ってものを見る訓練(健眼遮断法)、眼鏡やコンタクトレンズでの矯正など、弱視の原因に即した治療を行います。低視力とわかったら、光学的補助具(ルーペや拡大読書鏡など)を使って絵本や文字を見る機会を与え、ものを見る楽しさを体験させるなど、眼科医と相談し、残った視力の有効活用を手助けしましょう。

[弱視(じゃくし)] ママの悩みQ&A

「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…回答を見る

[弱視(じゃくし)]

ウィメンズパーク(会員登録)へ

口コミをご覧になるにはウィメンズパークの会員登録(無料)が必要です。

[弱視(じゃくし)] 関連用語