みんなの病気用語辞典

斜視(しゃし)

こんな病気

 両目の視線が目標に向かってそろわず、片目が別の方向に向いている状態です。黒目が内側に寄る内斜視、黒目が外側に寄る外斜視、上下に視線がずれる上下斜視があります。ものを立体的に見られなかったり、弱視になったりするなどの危険性もあるため、早期に発見して治療を始めることが大切です。カメラのフラッシュをたいたとき、光が映る位置が瞳の中心からずれているときは斜視を疑いましょう。
 赤ちゃんは鼻が低く内側のまぶたが目の上にかぶさっているため、一見、斜視のように見えることがあります(偽内斜視)。これは斜視ではないので心配いりませんが、斜視か偽内斜視か判断できないときは、念のため受診してください。

治療&ケア

 生後4カ月以降の斜視は自然に治ることはほとんどありません。治療は手術が基本となりますが、遠視が原因のときには眼鏡による矯正も行います。手術の方法、麻酔のかけ方などはさまざまですし、医師の技量や設備などによっても受けられる手術が異なります。
 片方の目がよく見えなくて斜視になっている場合は、1日数時間、アイパッチで見えるほうの目を遮蔽して、見えにくい目を使ってものを見る訓練をし、視力の成長を促します。

[斜視(しゃし)] ママの悩みQ&A

1カ月です。最近、息子がまっすぐ正面を見ているときに左の黒目が少し外側にズレているように感じます。斜視でしょうか?斜視の診断はいつくらいにつくのですか?
赤ちゃんの目が内側に寄って見えることはよくあります。そ…回答を見る
もうすぐ1才9カ月になる娘の右目が内側に寄っています。小児科や眼科で一度きちんと見てもらったほうがいいのでしょうか。また寄り目は治るのでしょうか。
低月齢のうちは、鼻が低く内側のまぶたが目の上にかぶさっ…回答を見る

斜視(しゃし)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[斜視(しゃし)] 関連用語