みんなの病気用語辞典

臍(さい)ヘルニア

こんな病気

  おへそが皮膚をかぶったまま飛び出した、いわゆる「でべそ」です。臍帯を切断したばかりの赤ちゃんは、おへそのまわりが左右完全にくっついておらず、また、腹直筋が発達していないためにおなかに力を入れるとおへそが飛び出します。臍ヘルニアの大きさはさまざまですが、早産児は生後間もないころかなり目立つこともあります。

治療&ケア

  成長とともに腹直筋が発達し、多くは1才ごろには目立たなくなります。また、腹壁が閉じていれば、おへその皮膚が余っているだけなので問題ありません。でも、外見上気になる場合は、3才過ぎに形成外科などで相談を。硬貨などをおへそにはるのは、皮膚がかぶれるのでやめましょう。

[臍(さい)ヘルニア] ママの悩みQ&A

2カ月で約5700gの息子が、すごいでべそで治るか心配です。でべそがあるので、おむつを上げてつけてもだんだん下がってしまい、うんちが背中あたりについてしまいます。大きいおむつを何種類かつけてもダメでした。1カ月健診で聞いたのですが、おとなしいときはおへそも小さめなせいか、でべそには対処してもらえませんでした。どうしたらいいでしょうか?
正確には臍(さい)ヘルニアといいます。おへその皮膚はと…回答を見る
「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…回答を見る

臍(さい)ヘルニアについて先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド