みんなの病気用語辞典

肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)(PS)

こんな病気

 肺動脈弁は右心室から肺に血液を送る肺動脈についている弁。この弁が狭くなっているために、肺に血液が流れにくくなり、右心室に負担がかかります。狭窄が強いと生後すぐから心雑音やチアノーゼが出ることがありますが、多くの場合、無症状が長く続きます。

治療&ケア

 狭窄が軽くて右心室への負担が少なく、右心室の肥大がない場合は経過観察で済むことがありますが、狭窄の程度は変わることもあるため定期的に検診を受けます。狭窄の程度が強い場合には、手術かカテーテル治療を行います。手術では人工心肺を使って肺動脈を切開し、狭くなっている弁を広げたり、弁そのものをつくり直す処置などをします。カテーテル治療ではカテーテルの先にバルーンカテーテルをつけて太ももの血管から挿入し、弁に届いたらバルーンをふくらませて弁を広げます。一般的にはカテーテル治療が第一選択です。

[肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)(PS)] ママの悩みQ&A

肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさ…について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)(PS)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド