みんなの病気用語辞典

点頭(てんとう)てんかん

こんな病気

 3カ月~1才の赤ちゃんが頭をカクンとさせ、突然両手を上に持ち上げるような動作を、数分間に何回も繰り返す(シリーズ形成)のが特徴です。おすわりができていた子が発作後は座れなくなるなど、発作を起こす前にできていたことができなくなることもあります。脳の奇形、結節性硬化症などの先天異常や、出産時の低酸素性虚血性脳症などが原因になります。知的障害を軽減するために、早く見つけて発作を止めることが大切です。

治療&ケア

 発作をビデオで撮影してあると、小児科医はすぐ診断できます。脳波検査をすると、点頭てんかん特有の波形が脳波に見られ、CT検査やMRI検査では脳の奇形などの有無がわかります。入院して副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)を注射し、発作を抑えることができたら、その後は抗てんかん薬を飲ませます。抗てんかん薬は特殊な脳波が見られなくなるまで服用します。

[点頭(てんとう)てんかん] ママの悩みQ&A

点頭(てんとう)てんかんについて先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[点頭(てんとう)てんかん] 関連用語