みんなの病気用語辞典

急性脳炎(きゅうせいのうえん)・急性脳症(きゅうせいのうしょう)

こんな病気

 ウイルスや細菌に感染して、意識障害やけいれん、脳圧亢進症状(黒目が目の下のほうへ落ちる落陽現象、母乳やミルクを吐く、けいれん、不機嫌などの症状がある)などを急激に起こす病気です。インフルエンザやはしか、水ぼうそうなどウイルスや細菌が原因の病気と診断され、意識障害、けいれん、熱が下がらない、嘔吐(おうと)があるときは危険です。すぐ再受診してください。

治療&ケア

 運動障害や知的障害などの後遺症を残すことがあるので、早期発見・早期治療が大切です。入院して治療するのが基本です。脳浮腫(むくみ)が起きているので、脳圧降下薬の点滴をして浮腫を取ります。また、原因となっているウイルスや細菌に対する薬も投与し、ステロイド薬を使用することもあります。けいれんがあるときは抗けいれん薬も使います。 急性脳炎や急性脳症を起こさないために、はしかや水ぼうそうなどの予防接種は早めに受けておきましょう。

[急性脳炎(きゅうせいのうえん)・急性脳症(きゅうせいのうしょう)] ママの悩みQ&A

急性脳炎(きゅうせいのうえん)・急性脳症(…について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[急性脳炎(きゅうせいのうえん)・急性脳症(きゅうせいのうしょう)] 関連用語