みんなの病気用語辞典

(嚢胞性)二分脊椎(のうほうせい・にぶんせきつい)

こんな病気

 妊娠初期の器官形成期に神経と皮膚がうまくつくられなかったため、脊椎の一部が閉じなかった先天異常で、胎児期の超音波検査や羊水検査で見つかることが多くあります。両足のマヒ(歩けないなどの運動障害)、両足の知覚障害(痛い、熱いなどの知覚がない)、膀胱直腸障害(おしっこやうんちを自力で排せつできない)といった症状が現れ、キアリ奇形(脳の奇形)や水頭症を併うこともあります。

治療&ケア

 髄膜瘤(髄膜と他の組織が開口部から突き出している状態)の場合は、背中に開いている神経を閉じる手術をすぐ行います。水頭症を合併した場合は、たまった髄液をおなかなどへ流す管(シャント)を頭につける手術をします。また、足やひざ、股関節の変形があれば矯正などの治療をすることもあり、脳神経外科、小児科、泌尿器科、整形外科、リハビリテーション科などのチーム医療が必要です。

[(嚢胞性)二分脊椎(のうほうせい・にぶんせきつい)] ママの悩みQ&A

(嚢胞性)二分脊椎(のうほうせい・にぶんせ…について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[(嚢胞性)二分脊椎(のうほうせい・にぶんせきつい)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド