みんなの病気用語辞典

細気管支炎(さいきかんしえん)

せき以外の症状

呼吸困難、チアノーゼ、脱水

こんな病気

 細気管支(気管支の先端)に炎症が起こる病気で、6カ月~2才の乳幼児に冬場よく見られます。軽い風邪症状やゼロゼロ(喘鳴=ぜんめい)から始まりますが、赤ちゃんは急に呼吸困難を起こすことがあるので要注意です。
 この病気の原因の多くはRSウイルスです。早産児や心臓に病気のある赤ちゃんでは急速に呼吸障害が悪化する危険性があります。

治療&ケア

 症状や年齢、聴診、RSウイルス迅速検査などで診断し、早産児や心臓に病気のある赤ちゃんや低月齢の赤ちゃんは入院したほうが安全です。自宅で療養する場合は気管支拡張薬や去痰(きょたん)薬が処方されることがあります。こまめな水分補給や室内の加湿などせきのケアを行いましょう。呼吸が速い・荒い、陥没呼吸、ぐったりして水分を飲めないなどのときは、夜間でも至急受診してください。
 早産児や心臓に病気のある赤ちゃんでは流行期(晩秋から冬)の前からシナジスという予防薬を注射することがすすめられます。

[細気管支炎(さいきかんしえん)] ママの悩みQ&A

2才の男の子と4カ月の女の子のパパをしています。今下の子がRSウイルスに感染してしまい、ぜぇぜぇ言いながらおっぱいを飲んでいます。そのせいなのか上手に飲めていないみたいで、妻が初めて乳腺炎(にゅうせんえん)のような状態になってしまい、搾乳器を使ってもまだ痛いらしくて……。このような状況のときは、やっぱり病院に行くべきですか?
ママの乳腺炎も心配ですが、4カ月の赤ちゃんの症状がもっ…回答を見る
「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…回答を見る

細気管支炎(さいきかんしえん)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[細気管支炎(さいきかんしえん)] 関連用語