みんなの病気用語辞典

とびひ(伝染性膿痂疹=でんせんせいのうかしん)

こんな病気

 湿疹、あせも、アトピー性皮膚炎、虫刺されなどをかき壊した部分に黄色ブドウ球菌が感染し、ジクジクしてかゆみの強い薄黄色の水疱(すいほう)が次々とできる病気です。水疱の膜が薄いため、ひっかくとすぐに破れ、水疱の中の菌が飛び出してあっという間に健康な皮膚にも感染し、広がります。初夏から夏にかけて保育園、幼稚園、学校で流行します。

治療&ケア

 ジクジクした薄黄色の水疱に気づいたら、増えないうちに早めに受診しましょう。抗菌薬入りの塗り薬を患部に塗り、通気・吸湿性のいいガーゼで保護します。薬に対して抵抗力のある菌だと薬が効きにくいことがあるので、数日塗っても効果がないときは医師に相談を。同時に抗菌薬も服用し、かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬を飲むこともあります。患部をかき壊さないように、子どものつめは短く丸く切り、シャワーで体を清潔にしておきます。ジクジクがすべて乾くまではプールや公衆浴場は避けましょう。

[とびひ(伝染性膿痂疹=でんせんせいのうかしん)] ママの悩みQ&A

とびひ(伝染性膿痂疹=でんせんせいのうかし…について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[とびひ(伝染性膿痂疹=でんせんせいのうかしん)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド