みんなの病気用語辞典

水いぼ(伝染性軟属腫=でんせんせいなんぞくしゅ)

こんな病気

 伝染性軟属腫ウイルスが原因で、直径1~3mm程度のいぼが首、わきのした、ひざ・ひじの裏側などにできます。いぼが破れるとウイルスが飛び散って増えるため、放っておくと何十個にもなります。痛みはなく、かゆみが出ることがあります。肌がふれあう機会の多い夏場に、2~5才くらいの子どもの間で流行します。

治療&ケア

 伝染力が強く、増えるスピードがとても速いので、数が少ないうちに治療することが大切です。とくにアトピー性皮膚炎の子どもは水いぼにかかりやすく、数が増えるスピードが速いので早期治療が大切です。
先の丸いピンセットで水いぼをつまみ、中にあるかたまりを出します。潜伏期間が1~2カ月と長いため、完全になくなったかどうか確認することも忘れないようにしましょう。ほかの人への感染を防ぐために患部をガーゼで覆い、タオルは共有しない、きょうだいと一緒に入浴しない、プールや公衆浴場は避けるなどの配慮を。
 体をふくときは水いぼが広がらないように、タオルでこすらず軽くたたくようにしましょう。

[水いぼ(伝染性軟属腫=でんせんせいなんぞくしゅ)] ママの悩みQ&A

今4カ月の息子がいます。水いぼがひどくて体中ブツブツです。皮膚科に行ったら軟膏(なんこう)を塗ると言われたのですが、どんどんブツブツになっていくばかりです。何かできることないでしょうか!?
水いぼは、水いぼのウイルスが皮膚に感染して水っぽい小さ…回答を見る
「気になる症状 受診すべき?」…
育児の悩みに専門家が回答!「ママの悩みQ&A」…回答を見る

水いぼ(伝染性軟属腫=でんせんせいなんぞく…について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[水いぼ(伝染性軟属腫=でんせんせいなんぞくしゅ)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド