みんなの病気用語辞典

りんご病(伝染性紅斑=でんせんせいこうはん)

発疹以外の症状

鼻水、せき

こんな病気

 ヒトパルボウイルスB19が原因で、頬がりんごのように赤くなる病気です。幼児や小中学生によく見られます。発疹が出る1週間くらい前から鼻水やせきなどの風邪症状が軽く出ることもあります。両方の頬に平らで赤い発疹が左右対称にちょうの形のように現れ、少し熱をもっています。その後、真ん中は色が薄く、まわりは赤く縁取られたレース状の紅斑が腕や太ももに出てくることもあります。発疹は長くても2週間程度で消失します。

治療&ケア

 治療しなくても自然に治ります。外遊びや入浴後、運動後に赤みが再燃することがありますが、普通に日常生活を送って大丈夫です。ただし、妊婦が初めて感染すると胎児に重症貧血や胎児水腫を起こしたり、慢性溶血性貧血の子どもが重症貧血になったり、免疫低下の子だと汎(はん)血球減少症を起こす心配がありますので、妊娠している人には接触させないようにしましょう。お母さんが妊娠している場合は、必ず産科でおなかの赤ちゃんの状態を超音波で調べてもらいましょう。

[りんご病(伝染性紅斑=でんせんせいこうはん)] ママの悩みQ&A

りんご病(伝染性紅斑=でんせんせいこうはん…について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク