みんなの病気用語辞典

尿路感染症(にょうろかんせんしょう)

発熱以外の症状

嘔吐(おうと)、食欲不振、尿がにごる

こんな病気

 尿路(おしっこの通り道)のどこかに細菌やウイルスが感染して炎症を起こす病気です。風邪症状がないのに熱が高い、嘔吐・食欲不振、不機嫌、尿がにごる、おしっこをするときに痛がる、おしっこの回数が多いといった症状が現れます。

治療&ケア

 乳幼児は大腸菌などの細菌が原因のことが多く、抗菌薬を服用したり、症状が重いときには点滴を行ったりします。家庭ではたっぷり水分を与えて、おしっこがたくさん出るようにしましょう。何度も繰り返す場合は、尿路奇形がないことを確認するために、超音波検査、CT検査、尿路の造影検査、腎シンチグラムなどを行います。

[尿路感染症(にょうろかんせんしょう)] ママの悩みQ&A

尿路感染症(にょうろかんせんしょう)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[尿路感染症(にょうろかんせんしょう)] 関連用語