みんなの病気用語辞典

髄膜炎(ずいまくえん)

発熱以外の症状

嘔吐(おうと)、首を曲げるのを嫌がる、けいれん

こんな病気

 細菌やウイルスが原因で脳を包む髄膜に炎症が起こる病気です。高熱が続く、嘔吐、首を曲げるのを嫌がる、大泉門の膨隆(ぼうりゅう)、甲高い声で泣く、けいれんや意識障害といった症状が現れます。

治療&ケア

 患者数としてはウイルス性のほうが多いのですが、細菌性は重症化しやすく、進行が早いため、髄膜炎が疑われる場合は入院することが多いでしょう。ウイルス性か細菌性かを診断するためには、髄液検査(腰に針を刺して髄液を取る)が必要です。

ウイルス性髄膜炎(無菌性髄膜炎)

ウイルス性髄膜炎はエンテロウイルスやムンプス(おたふくかぜ)ウイルスなど、どこにでもいるウイルスが原因になります。症状が軽く、通常は後遺症もありません。安静にして水分補給などの対症療法を行います。

細菌性髄膜炎

細菌性髄膜炎はインフルエンザ桿菌(かんきん)、肺炎球菌、大腸菌が原因に。原因菌に有効な抗菌薬やステロイド薬を投与し、けいれんなど症状に応じた治療を行います。硬膜下水腫や水頭症などを合併したり、運動障害、てんかん、知的障害などの後遺症が残ったりすることもあります。

[髄膜炎(ずいまくえん)] ママの悩みQ&A

髄膜炎(ずいまくえん)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[髄膜炎(ずいまくえん)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド