みんなの病気用語辞典

川崎病(かわさきびょう)

発熱以外の症状

 発疹(ほっしん)、手足の腫(は)れ、目の充血、いちご舌(ぜつ)、頸部(けいぶ)リンパ節の腫れ

こんな病気

 高熱が続き、全身の発疹、目の充血などが現れる原因不明の病気で、多くは4才以下の子どもに見られます。以下の6つの症状のうち、5つそろえば川崎病、4つでも冠動脈瘤(かんどうみゃくりゅう=心臓の筋肉に血液を送っている冠動脈の血管壁に強い炎症が起きて、血管が広がり、こぶができる)があれば、川崎病と診断されます。
★ 5日以上の高熱
★手足がパンパンに腫れる
★不定形の赤い発疹が出る
★目が充血する
★いちご舌・真っ赤な唇
★頸部のリンパ節が腫れる

治療&ケア

 基本的には入院して治療を行います。炎症を抑え、血栓ができるのを防ぐ働きがあるアスピリンを毎日服用し、急性期の症状が消えて合併症がない場合は、量を徐々に減らしていきます。重症の場合は、発症8日以内にガンマグロブリンの大量点滴を始めたり、副腎皮質ホルモン(ステロイド)を投与すると、冠動脈への合併症を減らすことができます。
 後遺症には冠動脈瘤があります。急性期の1カ月間に心臓に病変がなければ、ほぼ心配ないですが、退院後も心エコー検査が必要です。退院時に冠動脈瘤があった場合は、血液を固まりにくくする薬(アスピリンなど)を飲み、定期的に心エコー検査などを受けます。

[川崎病(かわさきびょう)] ママの悩みQ&A

川崎病(かわさきびょう)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク