みんなの病気用語辞典

肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)

こんな病気

 幽門(胃の出口)周辺の筋肉が厚くなっているために、授乳のたびに噴水のような嘔吐(おうと)を繰り返す病気で、生後1~2週間から1カ月ごろまでに症状が見られます。体重増加が悪くなり、ひどいときには体重が減っていきます。

治療&ケア

 治療法は手術と薬物療法があります。前者は幽門部の筋肉を切開する手術を行い、通常、手術の翌日から少量ずつ授乳をします。後者は静脈注射や飲み薬で硫酸アトロピンを投与し、幽門部の筋肉の緊張を和らげます。7割程度の赤ちゃんに効果がありますが、入院期間が長くなるなどの理由で、途中で手術に切り替わるケースもあります。

[肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)] ママの悩みQ&A

肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょう…について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド