みんなの病気用語辞典

未熟児網膜症(みじゅくじもうまくしょう)

こんな病気

 網膜の血管が未発達なために異常な血管が増殖し、出血や瘢痕(はんこん)、ひどいときには網膜剥離(もうまくはくり)を起こす早産児の病気です。出産予定日ごろに自然と治っていくタイプが多いですが、症状が急激に進行して網膜剥離を起こすタイプも少数ながらあります。

治療&ケア

 未熟児網膜症の可能性があるときは眼底検査を行い、その後もこまめに検査をしながら経過を見ます。症状が進行して網膜剥離の恐れが出てきたときは、血管が伸びていない部分にレーザー光線を照射する「光凝固法」や、液体窒素を当てる「冷凍凝固法」を行い、進行を防ぎます。治療を何回か行ってもうまくいかず、強度の視力障害が残る場合もあります。

[未熟児網膜症(みじゅくじもうまくしょう)] ママの悩みQ&A

未熟児網膜症(みじゅくじもうまくしょう)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[未熟児網膜症(みじゅくじもうまくしょう)] 関連用語

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド