みんなの病気用語辞典

呼吸窮迫症候群(こきゅうきゅうはくしょうこうぐん)(RDS)

こんな病気

 肺の中にある肺胞をふくらませるのを助けるサーファクタント(肺胞の中でつくられる細胞の表面をおおう物質。9カ月未満の早産児では産生が不十分なため、RDSを起こしやすくなる)が十分にないため、呼吸がうまくできず、呼吸困難を起こす病気です。肺がしぼんだままなので呼吸が苦しく、多呼吸や陥没呼吸(呼吸のたびに胸がへこむ)が起き、チアノーゼを伴うこともあります。通常は早産児に起こりますが、ママが糖尿病の場合や、帝王切開分娩で生まれた赤ちゃんにも見られることがあります。

治療&ケア

 人工呼吸器を使う方法と、人工サーファクタントを投与する方法があります。後者は肺胞を広げるに、サーファクタントという物質を気管に注入します。

[呼吸窮迫症候群(こきゅうきゅうはくしょうこうぐん)(RDS)] ママの悩みQ&A

呼吸窮迫症候群(こきゅうきゅうはくしょうこ…について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

妊娠・出産・育児グッズのショッピング

powered by たまひよSHOP

人気お助けアイテム

出産内祝いギフト

「知っておきたい!」が一冊に

カテゴリから探す

妊娠・出産・育児のおすすめブランド