みんなの病気用語辞典

新生児黄疸(しんせいじおうだん)

こんな病気

 新生児の皮膚や白目の部分が黄色くなる症状。ほとんどの赤ちゃんに見られる生理的黄疸と病気が原因になっている黄疸があります。

治療&ケア

生理的黄疸

 生後2~3日ごろから顔が黄色っぽくなり始めてやがて全身に広がり、4~5日ごろ最も強くなり、光線療法が必要になることもあります。それ以降は2週間くらいすれば消えるので治療は不要です。

母乳性黄疸

 母乳中のホルモンの影響で黄疸が続きますが、治療は不要で、母乳も続けられます。

新生児溶血性黄疸

 母子間に血液不適合があると、生後直後から黄疸が出て、しだいに強くなることがあります。光線療法を行い、効果が出ないときは全身の血液を入れ替える交換輸血をします。

核黄疸

 黄疸の程度があまりに強いと脳の基底核という部分にビリルビンがたまって脳障害や難聴を起こすことがあります。光線療法(特殊な光を皮膚に当ててビリルビンを水溶性サイクロビリルビンに変化させ、尿と一緒に排せつ)を行って予防します。

[新生児黄疸(しんせいじおうだん)] ママの悩みQ&A

新生児黄疸(しんせいじおうだん)について先輩ママの口コミを参考にしよう

  • 口コミをご覧になるには、「ウィメンズパーク」の会員登録(無料)が必要です。supported by ウィメンズパーク

[新生児黄疸(しんせいじおうだん)] 関連用語